以前、知人の中古車を扱っている業者の方に、長い間乗って

買取対象の車を直接見て査定してもらうために

以前、知人の中古車を扱っている業者の方に、長い間乗っていた車を見てもらいました。廃車寸前だと言うので、値が付くのかどうか不安でしたが、その下取り価格は3万円でした。そして、その車は修繕され代車等に使用されているそうです。

車の査定を受ける前に、洗車を済ませておくかどうかですがこれについては、意見は割れています。査定人に見てもらう時に、見苦しくないようにきれいにする方が良さそうなものですが、でもこうすると、車体についた細かいキズが、はっきり見えるようになってしまいます。

確かに汚れで傷は隠れるでしょうが、そうはいっても査定人だってこの道のプロ、こういったケースにも慣れています。洗車をしたかどうかに関わらず車についたキズのチェック漏れなどはあり得ないでしょう。

そういうことなら、査定人に良い印象を持ってもらうため、ある程度、きれいに洗っておくのがいいようです。

自動車を下取りに出さないといけない時、平均的にはどのくらいて売れるものなのか知りたいと思う時もあるでしょう。

では、車が大体いくら位で売れるものかは手に入れることができるのでしょうか。

先に言ってしまうと、相場は分かります。

しかし、実際の下取りの値段とは多少変わってくることをご理解ください。

買い取られる時期にもよりますし、自動車の使われ方でも変わるので、絶対に、その平均的な価格で下取りされるわけではありません。

中古車を取扱う業者にとって二重査定制度は好都合なものでありますが、利用者にとってはかなり不利な制度です。

悪質業者に至ると、この精度を巧妙に利用して、かなり査定額を下げるリスクもあります。二重査定制度でのトラブルを避けるためにも、申し込み前に契約書にしっかり目を通すこと、査定時に正確に車の状態を伝えることが重要ポイントとなります。

実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も実車査定をする際に隅々まで確認されるのが普通です。

見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

しかし修理代を上回るほどの査定額アップはないと言えます。

修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

2~3年前の出来事ですが、乗っていた車の買い替えをしようとした際、より高い価格で買い取ってもらえる会社を探し求めていたことがあります。

その際は、情報収集の方法としてインターネットで車の査定価格を詳しく見比べた上で、車一括買取サイトで買取の申込を行いました。想像以上に低い金額の提示が大部分だったのですが、中古車の市場価格は時期によってもやや異なるようです。車の査定では走った距離が少ない程にプラスの査定になります。

走行距離が長ければ長いほど車が悪くなってしまうからです。そうはいっても、走行距離メーターに何か細工を加えるとそれは詐欺ですから、走行した分は諦めるしかありません。

次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。買取査定は、お持ちのお車が新車の状態により近いほど査定額が良く、高価になります。

ワンオーナー・走行距離が少ないこと、改造でないと評価はきっと高くなります。

誤解が多いですが、車検までの期間は査定額に響かないことがだいたいです。また、査定は人間が行うものなので、査定する人の情によって査定額が左右されることもあります。今の世の中ネットなしには回らなくなっています。

こんな風にインターネット環境が隅々まで行き届いた結果、車の査定は以前と全く異なり、大変無駄なくそして時間を使わなくてもいいものになっています。

一括査定サイトの登場がその大きな要因となっています。ここにアクセスして査定額を高くつけてくれる業者を見つけ、そこからは実際の車をみてもらう現物査定を受けることになります。そういうシンプルなプロセスを経るだけですので、あまり時間や手間をかけたくないという人も大丈夫です。

むしろそういった人たちのためにあるシステムといえるでしょう。パソコンはもちろん、最近ではスマホでも利用できるので、これだと場所も選びません。自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、ある条件を満たしていれば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

その気になる条件ですが、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも手続きなしに入金されるという事はないのです。

保険会社に対し自らが書類の手続きをして還付されるものなのです。